ホーム 初めてのエクスメール ご利用方法 お支払い方法 お届け地域 / 日数 よくあるご質問

ご利用規約


第1条 名称

  1. 『電報屋のex MAIL』は、ご利用者のメッセージを作成代行し、配達先にお届けする株式会社シー・モア(以下、当社といいます)が提供するメ−ルサービス(以下、本サービスといいます)です。

第2条 適用範囲

  1. 本サービスをご利用いただくお客様(以下、ご利用者といいます)は、この規約が適用されます。 この規約の変更の必要がある場合には、当社はこれを変更できるものとします。この変更は、ホームページにおいて行います。

第3条 サービスの内容

  1. 当社が提供するインターネットによるメ−ル作成代行サービスを受けることができます。

第4条 メッセージの内容

  1. メッセージの内容について当社は原則として関与しません。但し、内容が明らかに法に抵触すると判断した場合は、発送の差止め及びその他必要な措置を講ずることができるものとします。 ご利用者はメッセージの内容において、恐喝、脅迫、詐欺、誹謗・中傷、セクシャルハラスメント、ストーカー行為等の犯罪行為、公序良俗違反、他人に迷惑がかかる行為をしないものとします。当社がメッセージの内容がこれらの行為に該当するおそれがあると判断した場合は、発送の差止めができるものとします。

第5条 配達事故等

  1. 本サービスは、当社が算定した配達日数を考慮した標準的な日時に発送手続きをするものとし、当社が選定した配送依頼先(配達業者など)に委託し、お届け先まで配達するものとします。 当社が発送手続きを終了した後に起因する不配達・配達遅延・指定日前後の配達、受取拒否を含む全ての配達途上の事故について当社は責任を負わないものとします。 宛先不備、移転、受取拒否等により当社に返送されたメールは原則として返還しません。相当の期間(約2ヶ月)経過後廃棄処分できるものとします。ただし、この間に返還の申し出があった場合はご利用者に返還するものとします。

第6条 ユーザーID・受付番号

  1. ユーザーIDや受付番号を自己の責任において管理・取り扱うものとします。 ご利用者は、ユーザーIDや受付番号が第三者に不正に使用されたことにより生じた損害に対し一切の責任を負うものとします。

第7条 情報管理

  1. 当社は、お客様情報及び本サービスを通じて当社が知り得る情報については、第三者に開示、公開、提供、販売はしないものとします。 裁判所、その他公的機関等からその権限または法令に基づき、会員の情報開示要請があった場合は、お客様の承諾なしに当該官庁に情報開示することができるものとします。

第8条 契約の成立及びキャンセル

  1. 当社のホームページ上で申込みがされたときは、原則として申込みを受け付けし、サービスの提供を承諾するものとします。 当社は、ご利用者が本人と確認できない場合や通常の方法で連絡ができない場合、お届け先の住所が不備の場合、式事が終了している場合、その他申込みを不適当と判断した場合などは、本サービスの利用を承諾しないことがあります。 申込みの承諾により当社が当該メールの発送手続きを終了した時点(配送依頼先に委託した時点)をもって契約の成立といたします。 契約の成立後は、本サービスのキャンセルは一切できません。

第9条 支払方法

  1. 本サービスの利用料金(ホームページの「お支払方法」に記載)の支払いは、当社指定の支払方法で行うものとします。
  2. クレジットカード及びネットデビットを利用する場合の支払方法は、クレジットカード会社の決済システムによります。
  3. 振込みで支払う場合は、入金確認をした後に発送手続きをするものとします。配達日を指定する場合は、指定日の2日前までに振込むものとします。なお、入金未確認で発送となる場合でも前条3項により契約は成立します。
  4. NP後払いで支払う場合は、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。

第10条 著作権等の帰属

  1. 当社のカード(台紙)、各種封筒及びホームページの画面上に掲載する情報、デザイン等に関する著作権・商標権その他の知的財産権および肖像権は、すべて当社に帰属するものとし、無断で使用することを禁止します。

第11条 本サービスの提供、中断、停止及び変更

  1. 本サービスは、年末年始および当社が定めた休業日については、発送業務は行いません。 当社は、下記について事前の通知、承諾なく本サービスの全部または一部の中断または停止できるものとします。
  2. (1)システムトラブル等で緊急な保守点検が必要なとき
  3. (2)第一種及び第二種電気通信事業者の役務が提供されないとき
  4. (3)火災、停電が発生し、サービスの提供ができないとき
  5. (4)天災地変によりサービスの提供ができないとき
  6. (5)人為的災害によりサービスの提供ができないとき
  7. (6)その他、当社が必要と判断したとき
  8. 前項に掲げる事態が発生し、ご利用者に不利益、損害が生じた場合においても、当社はお客様に対し、その責任を負わないものとします。

第12条 免責

  1. 『電報屋のexMAIL』のご利用により、ご利用者、お届け先または第三者がなんらかの損害を受けた場合でも、当社は一切損害賠償等の責任を負わないものとします。

第13条 合意管轄裁判所

  1. 本サービスに関し、ご利用者と当社の間で訴訟の必要が生じた場合は、当社の本社所在地を管轄する裁判所を合意管轄裁判所とします。

第14条 準拠法

  1. 本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

HOMEに戻る