トップ > 暑中・残暑見舞い

暑中見舞い・残暑見舞いの電報 特集

暑中見舞い・残暑見舞いとは、暑さの厳しい季節に、お世話になっている方や、離れて暮らす両親・親戚に、相手の健康を思いやる言葉やこちらの近況を伝える便りのことです。
電報で暑中・残暑見舞いを送ることで、相手への気遣いの気持ちがより伝わることでしょう。

電報屋のエクスメールでは、海外宛にも電報をお届けすることができます。
ここでは暑中・残暑見舞いにおすすめの電報台紙や、贈り物のギフト商品、電報の文例集をご紹介します。

オススメ商品と文例

文例をクリックすると、選択したメッセージで電報のお申し込みができます。

お世話になっている方への暑中見舞い

暑中・残暑見舞い ピックアップ商品

ソープフラワー

カタログギフト

ルームインセンス・お香

プリザーブドフラワー

アレンジメントフラワー・花束

おすすめ電報台紙

  • 電報台紙:133「アンバーズポージー」
  • 電報台紙:135「レイチェル」
  • 電報台紙:123「至福」
  • 電報台紙:201「メディアン」
  • 電報台紙:202「シーモアブルー」

暑中見舞い・残暑見舞いの送り方、マナー

暑中見舞い・残暑見舞いを送る時期は?

暑中見舞いは、梅雨が明けて暑さが厳しくなる7月上旬から立秋までに送ります。残暑見舞いは、立秋を過ぎてから8月末までには送りましょう。
「暑中見舞いは暑さのピークまでに」「残暑見舞いはそれ以降の挨拶として」というイメージをお持ちの方もいると思いますが、実際には「暦」に合わせて暑中・残暑を使い分ける必要があります。

暑中見舞い:「小暑(7月7日頃)」~「立秋の前日(8月7日頃)」にかけて送る
残暑見舞い:「立秋(8月8日頃)」~8月末頃までに届くよう送る

基本的に、相手に届くタイミングでどちらの時期になるかによって、暑中見舞いか残暑見舞いかを使い分けます。立秋の直前だと届くタイミングが立秋を超えるかどうか微妙であるため、注意が必要です。

暑中見舞い・残暑見舞いの書き方

一般的に、暑中見舞い・残暑見舞いは以下の構成で書くことになります。

1.お見舞いのあいさつ(暑中(残暑)お見舞い申し上げます)
2.時候のあいさつからはじまる主文(自分の近況報告、相手の健康を気遣う言葉など)
3.結びのあいさつ(相手の健康を気遣って無事を祈る言葉で締めくくる)
4.日付(詳細な日付は入れずに年数の下に「盛夏(暑中見舞いの場合)」、「晩夏」「立秋」「葉月」など)

電報で暑中見舞いや残暑見舞いを送る場合、用意されている定型文・文例を使用するのも良いでしょう。
親しい友人や親戚に送る場合はかしこまり過ぎる必要はありません。マナーを守った上で楽しんで書くことも大切です。遠くに住んでいる親族や友人へは、家族の近況や旅行のエピソードなどを添えるのも喜ばれます。

文例

文例をクリックすると、選択したメッセージで電報のお申し込みができます。

よくあるご質問

暑中見舞い・残暑見舞いのよくある質問

A
暑中見舞いは小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)にかけて送ります。
残暑見舞いは立秋(8月7日頃)から8月末頃までに届くよう送ります。
A
暑中・残暑見舞いは、相手の健康を気遣い、こちらの近況を伝えるためのものです。
家族や親戚、日ごろお世話になっている方や、遠方に住んでいる友人など、これからもお付き合いのある方や縁の深い方に送るとよいでしょう。
ビジネスシーンでは取引先や得意先などに送るケースも多くあり、より良い関係を築くために活用されています。
A
こちらから送っていない方から届いた場合は、なるべくお返事を送るようにしましょう。その際は、文面に暑中見舞いを頂いたことへの感謝の言葉を添えるとよいでしょう。
返信の時期によっては、暑中見舞いではなく残暑見舞いになるので注意が必要です。
A
暑中・残暑見舞いは、猛暑の折に相手を気遣い健康を祈るための挨拶状ですので、一般的には送っても問題ないとされています。
ただし、お相手が忌中(四十九日)など不幸があって間もない場合はなるべく避け、便箋のデザインを落ち着いたものにするなどの配慮が必要です。

ご注文の流れ

1

商品を選ぶ

2

お届け先(宛先)
情報の入力

3

メッセージの
入力

4

お申込み者
情報の入力

5

お支払方法
を選択

6

お申込み完了

配達地域・日数の確認
電報を送る
Array
(
    [ID] => 3750
    [key] => field_5c515486f907e
    [label] => 文例集
    [name] => example_loop
    [prefix] => acf
    [type] => repeater
    [value] => 
    [menu_order] => 0
    [instructions] => 
    [required] => 0
    [id] => 
    [class] => 
    [conditional_logic] => 0
    [parent] => 3737
    [wrapper] => Array
        (
            [width] => 
            [class] => 
            [id] => 
        )

    [parent_layout] => layout_5c515486f907d
    [collapsed] => 
    [min] => 0
    [max] => 0
    [layout] => table
    [button_label] => ご利用シーンを追加
    [_name] => example_loop
    [_valid] => 1
    [sub_fields] => Array
        (
            [0] => Array
                (
                    [ID] => 3751
                    [key] => field_5c515486f907f
                    [label] => 項目名
                    [name] => name
                    [prefix] => acf
                    [type] => text
                    [value] => 
                    [menu_order] => 0
                    [instructions] => 
                    [required] => 0
                    [id] => 
                    [class] => 
                    [conditional_logic] => 0
                    [parent] => 3750
                    [wrapper] => Array
                        (
                            [width] => 
                            [class] => 
                            [id] => 
                        )

                    [default_value] => 
                    [placeholder] => 
                    [prepend] => 
                    [append] => 
                    [maxlength] => 
                    [_name] => name
                    [_valid] => 1
                )

            [1] => Array
                (
                    [ID] => 3752
                    [key] => field_5c515486f9080
                    [label] => リンク先
                    [name] => link
                    [prefix] => acf
                    [type] => post_object
                    [value] => 
                    [menu_order] => 1
                    [instructions] => 
                    [required] => 0
                    [id] => 
                    [class] => 
                    [conditional_logic] => 0
                    [parent] => 3750
                    [wrapper] => Array
                        (
                            [width] => 
                            [class] => 
                            [id] => 
                        )

                    [post_type] => Array
                        (
                            [0] => page
                        )

                    [taxonomy] => 
                    [allow_null] => 0
                    [multiple] => 0
                    [return_format] => id
                    [ui] => 1
                    [_name] => link
                    [_valid] => 1
                )

            [2] => Array
                (
                    [ID] => 3753
                    [key] => field_5c515486f9082
                    [label] => 分類
                    [name] => cate
                    [prefix] => acf
                    [type] => radio
                    [value] => 
                    [menu_order] => 2
                    [instructions] => 
                    [required] => 0
                    [id] => 
                    [class] => 
                    [conditional_logic] => 0
                    [parent] => 3750
                    [wrapper] => Array
                        (
                            [width] => 
                            [class] => 
                            [id] => 
                        )

                    [choices] => Array
                        (
                            [1] => お祝い・一般
                            [2] => お悔やみ
                        )

                    [allow_null] => 0
                    [other_choice] => 0
                    [save_other_choice] => 0
                    [default_value] => 
                    [layout] => horizontal
                    [return_format] => value
                    [_name] => cate
                    [_valid] => 1
                )

        )

)
電報コラム 弔電・祝電お役立ち情報電報を送ってプレゼントをゲットできるエクスポイント
facebookアイコン電報屋のエクスメールのインスタグラムページTwitterアイコン
LINE友だち追加ボタン