トップ > 電報コラム > 電報とは?電報の歴史から現在の利用シーンまでご紹介

電報とは?電報の歴史から現在の利用シーンまでご紹介

2021/08/05
皆さんは「電報」について、どれくらいのことをご存知でしょうか?
結婚式やお葬式に参列できない方が送るお手紙というようなイメージをお持ちの方は多いと思います。ただ、電報はどのように活用されてきたのか、現在では結婚式・お葬式以外にどのような場面で使用されるのか、ご存知の方は少ないかもしれません。
そこで、今回は電報の歴史や、現代の電報の利用シーンについて解説します。

そもそも「電報」とは何か?

「電報」とは、電気通信を用いた文書配達サービスのことです。
普及当時は緊急連絡用の手段として重宝されており、戦前・戦後の時代を扱った映画やドラマ等で目にされることもあるかもしれません。例えば、ジブリ映画「となりのトトロ」では、サツキとメイのお母さんが入院する病院から電報が届くシーンがありました。
しかし、電話やメール、アプリなど手軽な通信サービスが数多く登場したことにより、現代では冠婚葬祭、入学・卒業などのシーンで使われるようになりました。
また、電報はメッセージだけではなくギフトをセットで贈ることができるため、お祝い・感謝・お悔やみなど特別な気持ちを伝えたいときに活用されています。

電報の歴史

電報の歴史は古く、今では一般的な通信・移動手段よりも古い歴史を持っています。

導入当初

電報サービスが日本に登場したのは、明治2年(西暦1869年)頃のことです。
当時はまだ一般的な電話サービスも登場しておらず、郵便サービスや鉄道事業すら本格的に始まっていなかったため最先端の通信手段でした。
導入当初は違った形式でしたが、後に「モールス信号」を応用した技術が取り入れられたことで洗練されていきます。
驚くべきことに、導入当初は東京-横浜間だけで利用できたサービスでしたが、郵便よりも素早く連絡できる手段として、特に官公庁や基幹産業において利用されていました。
後に、全国に電信線が整備されたことにより、全国各地の多くの市民にとって利用しやすい連絡手段として普及することになります。

関東大震災で活躍

電報の歴史を語るうえで欠かせないのが「関東大震災」における、無料の被災電報です。
大規模な被害をもたらしたこの災害の発生時、電報を利用することで遠方の家族・親族に対して無事を伝えることができる手段として、多くの被災者がこれを利用しました。
それから数年の間に電報サービスは進化してその利便性を高め、多くの人にとって重宝される通信手段という地位を確立したのです。

電報サービスの衰退

通信インフラとしての電報の地位が崩れたのは、今でも数多くのユーザーが日常的な連絡手段として利用している「電話サービス」が一般に普及したことに起因します。
わざわざ外出することなく、家の中からより早く連絡する手段として電話サービスが一般に普及したことにより、緊急連絡手段としての電報の必要性は薄れてしまったのです。

現代の電報の形

しかし、さまざまな通信サービスが普及した現代においても、電報サービスはその形を残し続けています。
よく用いられるシーンとしては、冠婚葬祭などの慶弔電報が代表的です。
その他にも、さまざまな形を取り入れることで、ユニークな電報サービスを利用することができます。
その背景には、「気持ちを伝える」という目的で使用されてきた電報が現代においても認識されているということが挙げられます。
かつて、緊急連絡手段としての電報は、いつしか合格発表などのおめでたい出来事を家族等に伝える手段としても用いられていたことにより「特別な思いは電報で送る」という習慣が未だに日本に根付いているのでしょう。

現代の電報の利用シーン

現代では「チチキトク(父、危篤)」などの緊急連絡は電話やスマートフォンのアプリ等が用いられています。
では、現代において電報はどのようなシーンで用いられているのでしょうか?

祝電

現代の電報の有名な利用シーンとしては「祝電」が第一に挙げられます。
結婚式で読み上げられることが多く、結婚式に参加できない親族・友人・同僚・取引先などの関係者がお祝いのメッセージを新郎新婦に伝えるための手段として活用されています。

弔電

次にご利用が多いのは「弔電」です。
お葬式に参列できない人が、お悔やみのメッセージを伝える手段として用いられており、弔電には専用の質素で落ち着いたデザインの電報台紙を使用します。

その他、特別なお祝いメッセージとして

結婚式・お葬式の他にも、以下のような場面で、お祝い等のメッセージを伝える手段として電報が用いられています。

・出産祝い
・誕生日のお祝い
・昇進や就任
・開店祝い、開業祝い
・合格祝い、合格した旨を伝える電報
・卒業祝い、入学祝い
・定年退職祝い
・母の日、父の日、敬老の日のお祝い
・成人祝い
・受章祝い、受賞祝い
・お礼のメッセージ

通信技術が発展した現代、電話や郵便、メールやSNSなどでもお祝い等のメッセージを伝えることは可能です。
しかし、電報を用いることにより、手元に残る「特別なメッセージ」という印象を与えることができます。
お世話になった方や親しい親族・友人へのメッセージに、サプライズで特別感をもたせたい場合において、電報という連絡手段が大きな価値を持つのです。

まとめ:電報は連絡手段として歴史あるもの、現代でも慶弔電報として活躍中!

電報は導入当初の目的をすでに別の連絡手段に継承していますが、現代でも特別なメッセージを伝える手段として重宝されています。
現代ではさまざまな通信サービスが手軽に利用できますが、だからこそ特別な相手には特別なメッセージを伝えるために、電報を利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

電報屋のエクスメールでは祝電、弔電の他にお誕生日や還暦のお祝いなど様々なシーンで利用できる電報をご用意しております。電話やメールだけでは伝えきれない特別なメッセージを電報で表現してみませんか。
電報のお申し込みは電報屋のエクスメール!

エクスメールは、世界中のどこからでも、
日本と世界の主要120ヵ国へ、速やかに電報をお届けします。

お申し込みはこちらから

関連する記事

電報を会社から送る
電報を会社から送る場合に気をつけたいポイント電報は個人間だけでなく、会社から送ることもあるでしょう。事情によって直接お祝いができなかったり、葬儀に参列できないこともありますので、電報…
エクスメールの料金システム
電報は文字数によって価格が変わる?エクスメールの料金システムもご紹介電報はメッセージの文字数によって価格が変わることがあることをご存じでしょうか。
電報を送ったことのない場合、電報の仕組み自体をあまり…
電報を連名で送るときの方法
電報を連名で送るときの方法と確認すべきポイント結婚のお祝いで祝電や弔電を送る際、差出人名を連名で送りたいという方もいらっしゃると思います。しかし、頻繁に電報を送る機会のない方には、連名…
配達地域・日数の確認
電報を送る
よく読まれている記事
カテゴリー一覧
話題のキーワード
電報コラム 弔電・祝電お役立ち情報祝電・弔電の文例集ページ
メルマガ登録の申込み
電報にまつわる情報や、季節のイベントの情報などのお得な情報をお届けいたします。



    facebookアイコン電報屋のエクスメールのインスタグラムページTwitterアイコン